teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 3相誘導電動機 二次回路考(14)
  2. ぽろりっ(0)
  3. H22、2種2次(8)
  4. H22、1種2次(6)
  5. H3,2種電圧変動率(10)
  6. H16、1種2次機械 誘導発電機(9)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


RE.頑張ってください。

 投稿者:初心者  投稿日:2017年 8月20日(日)12時27分47秒
  電気さん

頑張ってくださいの御言葉ありがとうございます。

過去に二次試験の壁やら乗り越えられずに挫折感を味わってます。

合格するまでチャレンジします。
 
 

がんばってください。

 投稿者:電気  投稿日:2017年 8月20日(日)09時57分20秒
  初心者さん。

一次試験がんばってください。
 

(無題)

 投稿者:路傍の石。  投稿日:2017年 8月19日(土)15時39分4秒
  鹿の骨 様

早速のご回答、ありがとうございます。
19条に規定する接地抵抗値が定められていない、ということで、了解いたしました。

接地は、電源線に沿って引くこともありだろうとは考えましたが、抵抗値が不明だったため、書き込みをためらいました。
トランス本体、二次側電路の一端子、機器の保護用の共用接地で、考えることにしたい、と思います。
接地線の太さはトランス容量からのB種接地線の算出方法で考えます。
接地抵抗値はD種接地の緩和値500Ω以下が、内線規程(2016)の資料番号1-3-9[漏電遮断装置を取付けた場合の接地抵抗値]の第3級保護接地抵抗値(500Ω以下)と連動しているように思えることから考えついたわけですが、この資料の基になっている電気協会発行の「低圧電路地絡保護指針(1971)」なら何かヒントがあるかもしれません。
いろいろ、有用な資料のサイトもお教えいただき、ありがとうございました。
「絶縁トランス」については、ご指摘の通りで、安易な使用でした。
なお、300Vの機器云々については、質問そのものが電気ワールドに対する知的興味だとお考えいただけると助かります。
重ねてありがとうございました。



 

Re:接地抵抗値について。

 投稿者:鹿の骨  投稿日:2017年 8月19日(土)13時33分30秒
 
二次側にELBを設置し、電技・解釈第19条【保安上又は機能上必要な場合における電路の接地】に基ずき、ELBを確実に動作させるために、トランスの二次側電路の一端子を接地しようと思いますが、この時の接地抵抗値は定められているのでしょうか。


定められていません。


解説擬き
接地種はA~D種(第17条)がありますが、19条に規定する接地はこの何れにも該当しません。
第19条内に「接地種は〇〇接地としなさい。」の文言がありません。
従って純粋に技術的に計算された値で良いことになります。
一般的にB種接地工事に準じた施工をしておけば間違いはありませんが、接地抵抗値に関する規定はB種の規定を適用出来ません。
(B種接地抵抗値は高圧電路の一線地絡電流がら求めるが、低圧/低圧のタイトランスの場合は高圧そのものが無いので計算不能)
接地線の線種及び太さに関しては19条に規定があります。
接地抵抗の500Ωと言う値が妥当な値かどうかは当方では判断不能です。
文面からは「単独接地」の様に見受けられますが、技術的に単独接地にする必然性は認められません。
電源線に沿って支給される接地線に共繋ぎしても違法にはなりません。
避雷針関係の接地を除き技術基準では接地の共有を禁止してはいません。
(全条文内に接地を共有してはいけないと何処にも書かれていないので共有して良いと言う解釈になる。)
最寄りの接地線に共繋ぎしても問題は無いと思います。
地絡電流が短絡電流になる可能性もありますので線サイズは内線規程のB種接地線太さに準じた値にするのが良いと思います。


参照先
●電気設備技術基準の解釈 平成28年5月25日
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/law/files/dengikaishaku.pdf
●電気設備技術基準の解釈の解説 平成28年4月1日
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2016/04/280401-3-5.pdf
↑(お国が作った解説書だけど、サッパリわからん!)


PS
「絶縁トランス」を用いるとの事ですが、一般的では無いと思います。
絶縁トランスはそもそも「非接地系配電」を行うためのトランスです。
「単巻変圧器では無い」と言う意味でしたら「複巻変圧器」が該当する用語です。
又300Vと言う電圧は一般的には用いられない電圧です。
世界的に見ても普通は使わない電圧です。
何の機械かは解りませんが、後後のメンテナンス等を考慮した施設をするべきと思います。
(規格外のトンデモ機器なので後から作ると作れない鴨?)


 

接地抵抗値について。

 投稿者:路傍の石。  投稿日:2017年 8月19日(土)11時49分13秒
  一次、300V、二次100Vの絶縁トランスです。
二次側にELBを設置し、電技・解釈第19条【保安上又は機能上必要な場合における電路の接地】に基ずき、ELBを確実に動作させるために、トランスの二次側電路の一端子を接地しようと思いますが、この時の接地抵抗値は定められているのでしょうか。
19条には、接地の施設方法は記載されていますが、接地抵抗値は記載されていません。
また、二次側電路に接続する機器にはD種接地工事(100Ω以下)を施しますが、ELBが0.5秒以内に動作するものとして接地抵抗値は500Ω以下で考えています。
 

RE.かご型誘導電動機

 投稿者:初心者  投稿日:2017年 8月18日(金)23時56分59秒
  鹿の骨さま

数式を含めた解説を頂きまして大変にありがとうございます。

二種取得のリベンジの一次課目別保留試験が間近になりました。

モチベーションが高まります。

合格を目指します。
 

RE.かご型誘導電動機

 投稿者:鹿の骨  投稿日:2017年 8月18日(金)17時13分43秒
編集済
  余り詳しい方では無いのですが・・・

始動トルクの式は下記が参考になります。
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2005/00130/contents/0026.htm
6・3・7 トルク(回転力)
(4)始動トルク
(2)式において、s=1とおけばよい。

この式を見れば解りますが、始動トルクで漏れリアクタンスを大きくしたらトルクが減ります。
二次抵抗も同様で小さい方が始動トルクが大きくなります。
(分数の分子はr2の一乗で分母はr2の二乗で効いて来る。)

漏れ磁束は一次コイルと二次コイルを鎖交しない磁束ですから出来るだけ少なくなるように機器を作らないと磁気回路に無駄が出ます。
出来るだけ少なくなるように作るのが当たり前の話です。

二次抵抗を大きくすると停動トルク発生時の滑りを動かす事が出来ます。
巻線型の場合は外部抵抗を付けて制御しますが、かご型の場合は最初から抵抗値の大きなかご導体を用いるなどの手法をとります。
二次抵抗を大きくすると始動トルクを大きくすることが出来ますが、効率が下がりますのでそのままでは按配が悪いです。
そこで二重かご型等の手法が取られ軸中心に近い所に抵抗値の小さな導体を巻き、外円周部に抵抗値の大きいものを巻いて効率低下を防いでいます。
回転子の導体に流れる電流は短絡電流ですが周波数が滑り周波数になります。
この様な場合表皮効果が表れますので滑りが大きい時は表面近くの導体に電流が流れ滑りが小さくなった時は奥にある導体に電流が流れます。

トルクモーターと言われるものがありますが、これは二次導体を大きいな抵抗値の巻線で巻いたものです。
こうすると始動トルク=停動トルクになるような特性が得られます。
一次電圧の値に依る速度制御が適用可能とする為にこの様なこの様なものがあります。
二次抵抗が大きいのでkW級などでは用いられずW級の制御用電動機として用いられます。
(効率が悪いのでkW級で使ったら相当な馬鹿)

誘導電動機は原理的に始動電流が大きい電動機です。
技術者はそれをどうやって克服しようか四苦八苦してきました。
それでも商用電源を生繋ぎすれば動く特性は素晴らしいものです。
当たり前の話で直流機は直流電源が無いと動作しませんので産業用電動機としてコスト的に不利です。
界磁電流を失うと爆発的に回転が上がり実際も爆発します。
原理的に危険な電動機です。
直流電動機は絶滅危惧種です。

参考書に依っては誘導電動機をタコ電動機の様に書いたものが有りますが論外です。
そんなタコだったら世の中でこれ程多く用いられることはありません。
あの新幹線ですら400V級誘導電動機で走っています。

始動トルクですが誘導電動機は概ね定格トルクの125%程度の値になります。
これを「始動トルクが弱い」などとぬかす馬鹿はぶん殴って良いです。
何故そうなるかはした方に書きました。































なるからなる!
 

RE.かご型誘導電動機

 投稿者:初心者  投稿日:2017年 8月18日(金)03時54分39秒
編集済
  鹿の骨さま

御教示ありがとうございます。

電気書院の二種一次試験対策の参考書を抜粋しました。
それなりの解説された文章だと推測します。


◯抜粋した文章を数式的に解説修正して頂けないでしょうか?◯特殊かご型誘導電動機では改善される?

以上宜しくお願いします。
 

Re:かご型誘導電動機

 投稿者:鹿の骨  投稿日:2017年 8月17日(木)21時16分36秒
  少し過激に怪盗を書きます。

その参考書は「参考にならない書」又は「読んではいけない書」ですので燃やせるゴミの日にゴミとして出して新しい参考書を買って下さい。
 

かご型誘導電動機

 投稿者:初心者  投稿日:2017年 8月17日(木)19時01分52秒
編集済
  皆様いつも大変お世話になります。

早速ですが質問があります。

以下は手元のテキストの引用です

★かご型誘導電動機は始動時に全電圧を加えると『漏れインピーダンスが小さい』ために
大きな一次電流(始動電流)が流れるが始動電流が大きい割りに『始動トルクが小さい』

【質問】
何故『漏れインピーダンスが小さい』『始動トルクが小さい』となるのでしょうか?
数式的な理解が出来ません。

御教示お願いします。



 

テブナン定理

 投稿者:初心者  投稿日:2017年 8月17日(木)18時45分46秒
  桃様

計算式の御教示ありがとうございます。

モチベーションが高まりました。

今後とも宜しくお願いします。
 

テブナンの定理

 投稿者:桃さん  投稿日:2017年 8月17日(木)07時42分34秒
  確かに計算式が間違っていますね。全く気が付きませんでした。

正解はこちら↓
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=4&ved=0ahUKEwj0jtDB49zVAhVEfbwKHXmODKIQFgg6MAM&url=https%3A%2F%2Fwww.seshop.com%2Fstatic%2Fimages%2Ferrata%2F16563%2Fdenken3_2_P399.pdf&usg=AFQjCNFKev17o4NQYZcW7-4Vnx5L_-R5OA

あるいは↓
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=19&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwir7f7o6NzVAhUKwbwKHQfIAUs4ChAWCFIwCA&url=http%3A%2F%2Fwww.ocw.titech.ac.jp%2Findex.php%3Fmodule%3DGeneral%26action%3DDownLoad%26file%3D2008-7140-20081218-56.pdf%26type%3Dcal%26JWC%3D200827140&usg=AFQjCNFHi-4O86AFKF6jO2fI5Wy1mzwwdw
 

テブナン定理

 投稿者:初心者  投稿日:2017年 8月17日(木)06時48分57秒
  桃様

御教示ありがとうございます。

私が並列と考えたのはZの式がR+(1/j3ωC)となっておりZがRと3Cの並列にもかかわらず直列の式になっているからです。

再度の御教示お願いします。
 

テブナンの定理

 投稿者:桃さん  投稿日:2017年 8月16日(水)08時22分26秒
  >★インピーダンスZが『直列』で解説されています。
>★インピーダンスZは『並列』ではないのかと考えます。
『並列』だと考える根拠は?『直列』ではないと考える根拠は?

ちなみに合成インピーダンスZは3つのCと、Rの並列として計算してますよ。
一つの電源、一つのインピーダンスであれば、直列並列は考える必要が無いです。
直列並列は二つ以上のインピーダンスの場合でしょうね。

>★消弧リアクトル接地の場合、E=相電圧に何故なるのでしょうか?

添付の回路図(上)を見ていただければ一目瞭然だと思いますが?
※消弧リアクトル接地に限りません。
※添付の回路は消弧リアクトル接地ではありません
 

テブナンの定理

 投稿者:初心者  投稿日:2017年 8月16日(水)03時05分43秒
編集済
  皆様いつも大変お世話になります。

早速ですが添付の解説で疑問があります。

地絡電流Igは

★インピーダンスZが『直列』で解説されています。

★インピーダンスZは『並列』ではないのかと考えます。

★消弧リアクトル接地の場合、E=相電圧に何故なるのでしょうか?


以上、御教示お願いします。

 

H27一種理論問2(4)(5)

 投稿者:初心者  投稿日:2017年 8月16日(水)03時01分17秒
  桃様

いつも大変にお世話になります。

計算過程の御教示ありがとうございます。

今後とも宜しくお願いします。
 

H27一種理論問2(4)(5)

 投稿者:桃さん  投稿日:2017年 8月14日(月)20時18分19秒
編集済
  (4)は帆足(ミルマン)の定理の出番ですね。

図1の磁気回路のままでは何が何だか分からないかも知れませんが、
図2の電気回路であれば簡単だと思います。キルヒでも良いですが、ここはミルマンでしょう。
磁束Φが電流に、起磁力NIが電圧に対応します。

φ3=Vm/R3=(-N1I1/R1+N2I2/R2)/(1/R1+1/R2+1/R3)*1/R3
=(-R2R3N1I1+R1R3N2I2)/(R2R3+R1R3+R1R2)*1/R3
=(-R2N1I1+R1N2I2)/(R2R3+R1R3+R1R2) (チ)

(5)は数値を代入するだけ。
I2=6.2[kA] (ヲ)

※ノートをまる写ししただけで計算し直していませんので、間違っている
※かもしれません。間違っていたら御免、という事で。
 

H27年2種機械問1【4】【5】

 投稿者:初心者  投稿日:2017年 8月14日(月)19時56分43秒
  桃様

H27年機械問2の回答解説を頂き大変にありがとうございます。

PS.
ちなみに1種の理論問2の問題で【1】~【3】までは理解しました。
【4】~【5】が理解不能です。
御教示お願いします。
 

H27年2種機械問1(4)(5)

 投稿者:桃さん  投稿日:2017年 8月14日(月)19時15分29秒
  電験の難しそうな問題、長文の問題、新奇の問題は狙い目なんですよね。なぜかと言うと、
問題の解き方や、答えまでもが問題文に書いてあるんです。頻出問題はそうはいきませんが。

書いてある文章を正しく理解して、その通り立式し計算し、ミスしなければ問題文が
何を言ってるのかわからなくても、答えがちゃんと出せます。

(4)これは、問題文に載っている式
Va=jω(L+L1)Ia-jω(L/2)Ib-jω(L/2)Icを使います。
Ia=Ib=Icであることに着目しIbをIa、IcもIaと置き換えます。すると、
Va=jω(L+L1)Ia-jω(L/2)Ia-jω(L/2)Ia
Va=jωL1Iaとなります。対称だから同じことがVb,Vcにも言えるので←これがポイント、
結局
Va=jωL1Ia
Vb=jωL1Ia
Vc=jωL1Ia
したがって、
V=Va+Vb+Vc=jω3L1Iaになります。

(5)は、零相電流はa相、b相、c相すべて同位相で同じ大きさの電流が流れると言う事を
知っていれば、(4)はそのことを言ってるんだな?と察しがつきます。

本来各相には自己インダクタンスと漏れインダクタンスの和で効くが(一番最初の式)、
零相電流は漏れインダクタンスだけと言う事で、低インピーダンスになると言う事
でしょう。
 

H27年2種機械問1

 投稿者:初心者  投稿日:2017年 8月14日(月)01時08分28秒
  桃様

御教示ありがとうございます。

1種の問題を考えてみました。

問1~問3までは理解出来ました。

問4~問5は算出&理解が出来ません。

御教示お願いします。
 

レンタル掲示板
/105