teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 3相誘導電動機 二次回路考(14)
  2. ぽろりっ(0)
  3. H22、2種2次(8)
  4. H22、1種2次(6)
  5. H3,2種電圧変動率(10)
  6. H16、1種2次機械 誘導発電機(9)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re:H28年度2種二次試験(電力管理問4)

 投稿者:初心者  投稿日:2017年 4月26日(水)15時07分1秒
  おじさん様

計算過程の御教示大変にありがとうございます。

自分なりに検証してみます。

モチベーションが高まりました。
 
 

Re:H28年度2種二次試験(電力管理問4)

 投稿者:おじさん  投稿日:2017年 4月26日(水)10時20分19秒
  ごりごりと計算すると以下のようになった。

Iag=Ea/Z*(比例配分の式)
(比例配分の式)=Z1/(Z1+Z2)を展開して整理すると
Z1=1/3Y
Z1 + Z2 = 1/3Y + 3Y*Rn/(3Y*Rn + 1)
Z1/(Z1 + Z2) = 1/(1 + 3Y*Rn/(3Y*Rn + 1))
       = (3Y*Rn + 1)/(6Y*Rn + 1)
Zを整理すると
Z = Rg + Rn/(6Y*Rn + 1) = (6Y*Rg*Rn + Rg + Rn)/(6Y*Rn + 1)

Iagの式を展開する
Iag = Ea*(Z1/(Z1 + Z2)/Z
    = Ea*{(3Y*Rn + 1)/(6Y*Rn + 1)}/{(6Y*Rg*Rn + Rg + Rn)/(6Y*Rn + 1)}
ここで分母と分子の(6Y*Rn + 1)が消去できるから式が簡単になる
    = Ea*{(3Y*Rn + 1)}/{(6Y*Rg*Rn + Rg + Rn)}

こういう長ったらしい計算で式の分母と分子に共通因子が見つからない場合は、途中の計算過程で誤りがあることが多いから、落ち着いて計算過程を見直すこと。

    
 

Re:H28年度2種二次試験(電力管理問4)

 投稿者:桃さん  投稿日:2017年 4月26日(水)07時46分37秒
  ごりごり計算すれば出来ますよ。
Zの式とIagの式を展開する。
Zの式をIagの式に代入する。

Zの式を無視したら可哀想です。
 

Re:H28年度2種二次試験(電力管理問4)

 投稿者:初心者  投稿日:2017年 4月26日(水)05時23分51秒
編集済
  おじさん様

御教示ありがとうございます。

<Iag=Ea/Z*(比例配分の式)
<(比例配分の式)=Z1/(Z1+Z2)
<Z1=1/3Y
<Z2=1/3YとRnの並列
で展開できる

【更Q】
比例配分の式は理解できます。
最終的な式の展開が出来ません。
算出過程の御教示をお願い致します。
 

Re:H28年度2種二次試験(電力管理問4)

 投稿者:おじさん  投稿日:2017年 4月25日(火)22時44分46秒
編集済
  地絡事故抵抗Rgを流れる事故電流
Ig=Ea/Z に対して
A配電線に流れる事故電流IagはA配電線の対地静電容量を通過する電流だけ少ない。
IagはIgをA配電線の静電容量の対地アドミタンス3Yと
B配電線の静電容量の対地アドミタンス3Y+Rnとで按分比例して求めるから
Iag=Ea/Z*(比例配分の式)
(比例配分の式)=Z1/(Z1+Z2)
Z1=1/3Y
Z2=1/3YとRnの並列で展開できる
昭和53年 問1にも類似問題が出ている。

余談ですが、九州電力管内で太陽光発電の影響によるフリッカが頻繁に発生して困ってるとのニュースを見ました。
太陽光発電用のパワコンが単独運転検出用に無効電力を配電線に注入するのが悪さをしている主な原因であるとか。
今年の問題として単独運転の検出手法とかフリッカの発生原因と対策などが出るかもですね。

 

H28年度2種二次試験(電力管理問4)

 投稿者:初心者  投稿日:2017年 4月25日(火)17時12分41秒
編集済
  皆様いつも大変お世話になります。

早速ですがH28年度2種二次試験(電力管理問4)で質問があります。

添付の(2)IAGの式の展開が分かりません。

一番目は理解できます。

二番目の展開が導き出せません。

御教示お願い致します。

 

電技・解釈の資料、感謝。

 投稿者:はてな。  投稿日:2017年 4月17日(月)10時16分47秒
  鹿の骨 様

私の持っている、解釈の解説も電技も平成23年改正のものです。
新しい情報、誠にありがとうございました!!
 

電気設備の技術基準の解釈の解説

 投稿者:鹿の骨  投稿日:2017年 4月16日(日)17時52分1秒
  下記URLで経済産業省直伝の解説が読めます。
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2016/04/280401-3-5.pdf

技術基準の解釈は恐らく下記が最新だと思います。
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/law/files/dengikaishaku.pdf
 

RE:キュービクル筺体の接地

 投稿者:はてな。  投稿日:2017年 4月16日(日)08時54分28秒
  鹿の骨 様

快答ありがとうございます。
全く同感です。
一時、どこかの掲示板で、高圧機器・ケーブルが入っているのだから、A種接地だ、との意見があり、38条、21条で説明したのですが受け入れられなかった経緯があり、くすぶっていた疑問でした。
危害防止のためにA種接地などされた機器等を、さらに防護するための金属製外箱ですから、D種接地工事であっても何の不具合もない、と思っていました。
遅ればせながら、手元の高圧受変電設備規程は2014年版でした。
ありがとうございました。
*「キュービクル=イナバの物置」はどこかで使わせて頂きたいと思います。
ご了承ください。^^;
 

RE:キュービクル筺体の接地

 投稿者:鹿の骨  投稿日:2017年 4月15日(土)18時03分31秒
編集済
  高圧受電設備規程(2011版)では無く2014年版での怪盗をします。

Q1
この「キュービクル式の金属製外箱」とはキュービクル式受変電設備を指すのでしょうか。それとも、電気機器の入った施錠できる金属製外箱を指すのでしょうか。

A1
普通に読めば下記のURLで見えている外箱を指します。
http://naigai-e.co.jp/naigai_product/product/img/product/07_hi/07_hi_q2.jpg
それ以外のものを指すとは当方では読めません。
「キュービクル」と言う単語はJISで出て来ますが、この用語の説明は規程では成されていません。
http://kikakurui.com/c4/C4620-2004-01.html


Q2
その場合の接地線の太さはどのように算出するのでしょうか。

A2
サイズは技術基準・解釈第17条第4項の規定に従います。
究極としては1.6mm2の絶縁電線でOKです。
「イ 故障の際に流れる電流を安全に通じることができるものであること。」の具体的なサイズは内線規程のD種接地線サイズで示される最大サイズ又はB種接地線の最大サイズの何れか太い方が良いと思います。


その他A
そもそもキュービクルを第三者が触れるような場所に設置すること自体が間違っています。
しかし、どうやっても置く場所が無かったりした場合はしょうがないと言う感覚です。
法律は「必要にして最低限」の事だけを定めています。
法に触れなければ何をやっても良い、と言う感覚は相当に野蛮だと思います。
素人目にはキュービクルとイナバの物置の区別はつかない恐れがあります。


参考
電気技術基準の解釈

第21条
高圧の機械器具(これに附属する高圧電線であってケーブル以外のものを含む。以下この条において同じ。)は、次の各号のいずれかにより施設すること。ただし、発電所又は変電所、開閉所若しくはこれらに準ずる場所に施設する場合はこの限りでない。
一 ~三 略
四 機械器具をコンクリート製の箱又はD種接地工事を施した金属製の箱に収め、かつ、充電部分が露出しないように施設すること。
五 充電部分が露出しない機械器具を、次のいずれかにより施設すること。
 イ 簡易接触防護措置を施すこと。
 ロ 温度上昇により、又は故障の際に、その近傍の大地との間に生じる電位差により、人若しくは家畜又は他の工作物に危険のおそれがないように施設すること。

第38条
1~2 略
3 高圧又は特別高圧の機械器具等を施設する発電所等を次の各号のいずれかにより施設する場合は、第1項及び第2項の規定によらないことができる。
一 工場等の構内において、次により施設する場合
 イ 構内境界全般にさく、へい等を施設し、一般公衆が立ち入らないように施設すること。
 ロ 危険である旨の表示をすること。
 ハ 高圧の機械器具等は、第21条第一号、第三号、第四号又は第五号(ロを除く。)の規定に準じて施設すること。
 ニ 略
二 次により施設する場合
イ 高圧の機械器具等は、次のいずれかによること。
(イ) 第21条第四号の規定に準じるとともに、機械器具等を収めた箱を施錠すること。
(ロ) 第21条第五号(ロを除く。)の規定に準じて施設すること。
ロ 略
ハ 危険である旨の表示をすること。
ニ 高圧又は特別高圧の機械器具相互を接続する電線(隣接して施設する機械器具相互を接続するものを除く。)であって、取扱者以外の者が立ち入る場所に施設するものは、第3章の規定に準じて施設すること。


 

キュービクル筺体の接地

 投稿者:はてな。  投稿日:2017年 4月15日(土)09時29分27秒
  高圧受電設備規程(2011版)の1160-1(接地工事)5には
「キュービクル式の金属製外箱には、D種接地工事を施すこと。(電技解釈 第38条 第3項)」とあります。
この「キュービクル式の金属製外箱」とはキュービクル式受変電設備を指すのでしょうか。それとも、電気機器の入った施錠できる金属製外箱を指すのでしょうか。
また、いずれにしても、その場合の接地線の太さはどのように算出するのでしょうか。
最大の変圧器容量からとか、機器を保護する過電流遮断器の定格電流からだとか、と思われますが。
根拠となっている電技・解釈第38条は「発電所等への取扱者の者の立入の防止」のためにさく、へい等の設置を定めており、3項はその例外規定として
二(イ)高圧の機械器具は第21条第四号の規定に準じるとともに、機械器具等を収めた箱を施錠すること。
とあります。
第21条は「高圧の機械器具の施設」について、各号のいずれかにより施設することとあり、四号には
「機械器具をコンクリート製の箱又はD種接地工事を施した金属製の函に収め、かつ、充電部分が露出しないように施設すること.」とあります。
私が持っている平成20年度版nite(製品評価技術基盤機構)の第1種電気工事士定期講習テキストには屋外キュービクル周辺のさくの施設についての記述で「キュービクルの外箱にはD種接地工事がされるので、外箱の周囲にさくの施設は法令上は要求されていないが、子供や多くの人が集まるところについては、さくの設置が望ましい」とされており、筺体の接地工事について疑問が生じている次第です。
キュービクル式受電設備には各種の接地工事が施されるので、実務上は大きな問題は無いとは思いますが。
 

(無題)

 投稿者:定圧  投稿日:2017年 4月 9日(日)14時17分58秒
  桃さん

以前自己インダクタンスに関する質問した時に紹介してもらってから、日本電気技術者協会の講座時々見ています。これもわたしにはまだまだ難しい内容が多いですけど。
 

独学サイト

 投稿者:鹿の骨  投稿日:2017年 4月 3日(月)21時47分42秒
  独学用のサイトは色々あります。
これなんかは良く纏っています。
http://energychord.com/children/energy/index.html
漢字が読める写真をクリックすると解説の奥に入れます。

10年ほど前はネットで調べてもろくなものが無く、参考書は「参考にならない書」や「読んではいけない書」が有ったりして往生しました。
解説を書いている方の日本語能力が不足していて何を言っているのかサッパリ解らないものが結構ありました。
最悪だったのは直流送電に大容量の調相設備が必要な説明で、2ページに渡って記述が有ったのですが難解な文章を読んでいくと結局「直流送電には大容量の調相設備が必要だから大容量の調相設備を設置する。」と書いてありました。
アホカ!と思った次第です。
 

独学向けには

 投稿者:桃さん  投稿日:2017年 4月 3日(月)07時53分15秒
  慶応義塾の講座は確かに難しいですね。ご存じだとは思いますが、日本電気技術者協会の
講座の方がまだ易しいですね。動画ではありませんが音声はあります。

http://www.jeea.or.jp/course/01.html
 

(無題)

 投稿者:定圧  投稿日:2017年 3月18日(土)08時28分31秒
  おじさん解答いただきありがとうございます。
この動画はまだ私には難しすぎます。e-denの2種電気数学のDVDはヤフオクで中古購入しました。
 

独学向けには

 投稿者:おじさん  投稿日:2017年 3月16日(木)23時25分37秒
  >→独学でやってるので、その通りだと思います。
youtubeに電験受験講座がいくつかあるから暇なときにみたらいかがでしょう。
電気数学や自動制御の講座もあります
https://www.youtube.com/watch?v=_pDhg2Eczuk
 

(無題)

 投稿者:定圧  投稿日:2017年 3月16日(木)21時42分51秒
  公式のみ、応用力が無い。と言う感じを受けます。

→独学でやってるので、その通りだと思います。早くそれらが結びついた状況での判断出来るようになりたいとは思ってます。
 

H元年理論問1の問題

 投稿者:桃さん  投稿日:2017年 3月16日(木)11時26分23秒
編集済
  >→角変位の事を言ってるという理解で良いでしょうか。
そうです。

御参考
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1339917283

>日本は基本減極性と聞きますから、位相0°で考えれば良いんですね。
>角変位の事を言ってるという理解で良いでしょうか。

>電源電圧と誘導起電力は位相が180°差ですよね。
>e=N(dΦ/dt)にマイナス付けていないのは、

個々の情報は正しく知りながら、それらが結びついた状況での判断が旨くない
ようですね。公式のみ、応用力が無い。と言う感じを受けます。
 

H元年理論問1の問題

 投稿者:定圧  投稿日:2017年 3月16日(木)08時18分25秒
  ありがとうございます。日本は基本減極性と聞きますから、位相0°で考えれば良いんですね。

Δ-Δ結線やY-Y結線は位相差0°、Δ-Y結線やY-Δ結線は30°で考えますが
→角変位の事を言ってるという理解で良いでしょうか。
 

H元年理論問1の問題

 投稿者:桃さん  投稿日:2017年 3月16日(木)07時39分1秒
編集済
  >電源電圧と誘導起電力は位相が180°差ですよね。

変圧器の場合は巻線の方向、端子への結線により、位相は0°でも180°でも
如何様にもなります。変圧器の回路記号で巻線の上側または下側に黒丸がある
物がありますがこれが位相を表しています。一次側二次側ともに上側にあれば、
同相、一次側が上側、二次側が下側にあれば180°位相差になります。

通常は同相;0°であると考えます。←これが重要ポイント
Δ-Δ結線やY-Y結線は位相差0°、Δ-Y結線やY-Δ結線は30°で考えますが、
これは基本の位相差が0°だということが大前提です。

>e=N(dΦ/dt)にマイナス付けていないのは、大きさだけで考えてるって理解で良いですか。

問題では一側電圧と二次側電圧の位相差が0°だということで考えているの
だと思います。したがってマイナスをつけてはいけません。
実効値がマイナスになってはX点です。
 

レンタル掲示板
/104